tentenとmokomokoの幸せになれる場所

tenten(ねこ)とmokomoko(tentenの飼主、未亡人)が書いています。

2021/1/19

こんにちは。

誰も聞いちゃいないだろうけど

mokomokoからちょっとお知らせです。

 

ここ最近ずっと家でtentenと過ごしていたんだけど

週3日、働きに出ることにしました。

tentenより可愛い娘がいても浮気なんてしませんよ。

tentenのご飯を稼ぐためです。

 

f:id:tententomokomoko:20210119133304j:plain

かまってちゃんになるtentenに立ち往生

普段そっけないくせに〜

私が外に出ようとするときに限って

「構ってちゃん」になるtenten。。。

誰に似たのか魔性の女。笑。

2021/1/19

こんにちは。

誰も聞いちゃいないだろうけど

mokomokoからちょっとお知らせです。

 

ここ最近ずっと家でtentenと過ごしていたんだけど

週3日、働きに出ることにしました。

tentenより可愛い娘がいても浮気なんてしませんよ。

tentenのご飯を稼ぐためです。

 

f:id:tententomokomoko:20210119133304j:plain

かまってちゃんになるtentenに立ち往生

普段そっけないくせに〜

私が外に出ようとするときに限って

「構ってちゃん」になるtenten。。。

誰に似たのか魔性の女。笑。

2021/1/18 強くなる...

みなさん、こんにちは。お疲れ様です。

mokomokoです。

(tentenはお膝上をキープ。)

 

はじめに

ここでは30代の未亡人女”mokomoko”が”tenten”(元野良ネコ)と一緒に、持病の摂食障害にまつわる黒歴史を連載記事にして書いています。どん底に突き落とされてばかりの私ですが、最後はどうなるのでしょうか。暗い話が盛りだくさんですが、他人の不幸は蜜の味、と言いますし、ちょっとでも元気を与えられたら嬉しいです。楽しみつつ読んでもらえたらと思ってます。では、どうぞご賞味ください。

 

 

前回までのお話はこちら↓↓↓

tententomokomoko.hatenablog.com

*読み込みスピードUPのため、1~10までのお話は連載記事「黒歴史」サイトにまとめました。「読みにくい!」とか、ご意見ご要望があればコメントください。前のスタイルに戻します。

 

ではでは、今日も最後までよろしくお願いします。

 

1 前回のまとめ

栄養失調→

意識なくなって救急搬送→

入院生活が地獄→

諦めと希望の狭間で苦しむ→

自分との戦いへ、いざ出陣→今日のお話

 

2 出陣の言葉

いつも頑張ってないといけないなんて、そんなことない。

頑張ってもうまくいかない時もいっぱいある。今はできなかっただけ、それでいい。

いつも元気で笑顔いっぱいじゃなくていい。

落ち込んでもいい。むしゃくしゃしてしまうときもあっていい。

辛いとかしんどいとか嫌になったとか、ネガティブなこと言ったっていい。

自分の中で溜め込んで溜め込んで

それがストレスになってることにも気づかないなんて

そんなアホ、することない。

 

過食とか拒食とかアルコール依存とかいろんな依存症あるけど

私も過食嘔吐で自分の無力っぷりを忘れて紛らわせようとした。

過食嘔吐してないと自分を保ってられなかった。

だけど、そうやって

いくら自分の壁から目をそらしても

自分の出来なさ加減を忘れられても

自分の人生は何一つ変わらなかった。

入院して現実の自分と向き合わざるを得なくなって、やっとわかった。

一つだけでもいい。

できる一つから変えていこうと思った。

出来なかったらそこでまた考えたらいい。

 

3 決意表明後、初めての食事は悪魔と天使の戦い

よし、食べるぞ。

箸を持って口に入れるまで、すごく時間がかかったけど

一口入れたら、、、美味しいと思えた。

と同時に、不安がむくむく湧いてきて

また一気に詰め込んで吐きたくなった。

(くそ~~、私の中の過食嘔吐モンスター、しつこい奴め!! )

 

いけない、いけない!

生きるんだ!

生かしてもらっているんだ!

またみんなを悲しませてはいけない!

気持ちを奮い立たせて

大丈夫、大丈夫、と自分で自分を言い聞かせながら

一口一口大切に、飲み込んでいった。

(私の中のエンジェル、降臨!?)

過食嘔吐中はまるで荷物をトラックに詰め込むようにして食べて

詰め込み終わったら荷物が空っぽになるまで吐いていた。

味わって食べるなんていつぶりだっただろう。

一食完食するのに何時間かかったかわからない。

一食食べるだけですごく疲れたけど

遠くにかすかに見える希望の光を信じて

今はとにかく食べようと思った。

f:id:tententomokomoko:20210118083058j:plain

安西先生の神言葉〜〜〜〜

私も強くなるんだ〜〜〜。

 

4 行動制限解除は一筋縄じゃ通らない

「私は朝から夜までずっと食べてまくって頑張っているんだぞ!」

そう思っていても、体重が増えてないからという理由で

簡単には行動制限を解除してくれなかった。

一般の人(ドクター、看護師、親、兄弟)にとっては

1日3回食べることなんて当たり前のことだ。

 

私がなんで普通に食べられないでいるのか

理解しようとしてもどうせ理解できっこない。

不安な気持ちを潰して頑張って食べてるなんて知りっこない。

もしかして「完食したら行動制限解除」って約束したけど

完食するのは当然のことだから忘れられてるんじゃないか。

くそ~~っ、こんなに頑張ってるんだから、約束したくせに道理を通せよ!

 

半ば不貞腐れてヤケになりながら、

意地で毎日3食、完食し続けた。(意地っ張りな私)

1週間、2週間と続けていたら、

次第に体重が増えてきた。

 

よし、流石にこれだけ増えればこれでベッドから解放されるだろ!

 

 

5 過剰なケア

体重が増え始めるとドクター、看護師から

度々「不安に感じることがないか」と聞かれるようになった。

私は不良患者で主治医も看護師さんもことごとく嫌っていたから

うっとおしくてしょうがなかった。

 

 

もう!!そんなこと聞くより何より早く制限を解除してよ!

ちゃんと完食しているのに頑張りを認めてくれないし行動制限が取ってくれなくてムカついてる、

このままどんどん食べてたらゆくゆくは相撲取りみたいになるかもしれないなと不安、

 

 

ってね、心の中でイライラしてないで、ちゃんと声に出して言えればよかったんだけど。

 

不安は一切ありません。大丈夫です。

 

 

と突っぱねてしまう。

あぁ、ばかな私。

 

「自分の気持ち我慢して、強がってばかりだから今まで自滅してきたんだろーが。」

 

って当時の自分に言ってやりたい。

 

6 休む大切さと時間の使い方

完食宣言前は時間の感覚がなくて

いつも生きることに後ろ向きで

不安に押しつぶされていただけだった。

それが食事を完食し始めてからは

不安は横に置いておいて、ゆっくり休むようになった。

1秒でも早くベッドから抜け出したくて、

とにかく体重を1グラムでも増やしたくて、

それだけの理由だったけど

後ろ向きだった気持ちが前向きになり

良くなりたいっていうモチベーションが変わってきた。

それから、休み時間を使って

退院したらやりたいことを沢山沢山リストアップした。

叶えたい夢のためのロードマップを書いたりして

何をしていけばいいのか夢想した。

何か一個でもやりたいものが出来たら

不安があってもその不安を打ち消せた。

休むことって大切なんだな、と思う。

 

8 今日のお話のまとめ

スキルのない自分、経験の浅い自分、婚約者に逃げられる自分、

仕事もない自分、周りの人に迷惑をかけてばかりの自分、、、

自分から目をそらすために過食嘔吐に逃げていたけど、

病院の拘束から解放されるために、逃げないことを決意。

意地で体重を増やす中で、

頑張るため、強くなるためには

ちゃんと身体と心の両方を休めておくことが大切ってことを学んだ。

(めっちゃ基本的なことだったね)

(さぁ、そろそろ行動制限解除かな、、、次回に続く)

 

f:id:tententomokomoko:20210118083214j:plain

ひとつ、おやすみ
二つ、おやすみ
三つ目くらいからに動く感じで
by tenten&mokomoko

今日も読んでくれてありがとうにゃん。

自由にコメント、フォロー待ってるにゃん。

 

あと、ポチっと応援よろしくにゃ~↓↓↓

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 病気ブログへ

 

2021/1/17 きょうのtenten

少し開けといた引き戸から出てきた手が可愛い。

 

 

 

mokomoko:

え、

もうちょっとで開くのに

ちょっとちょっとー、

行っちゃうのーーー?

 

 

 

 

tenten:諦めの良さが肝心だよね。

 

 

mokomoko:今日の格言いただきました。ごちそうさま。

2021/1/15 地獄からのRe:start人生

みなさん、こんにちは。お疲れ様です。

mokomokoです。

(tentenはお膝上をキープ。)

 

はじめに

ここでは30代の未亡人女がtenten(元野良ネコ)と一緒に、自分の摂食障害にまつわる黒歴史を連載記事として書いています。どん底に突き落とされてばかりの私ですが、最後はどうなるでしょうか。他人の不幸は蜜の味、と言いますので、暗い話が盛りだくさんですが、ちょっとでも元気を与えられたら嬉しいですし、楽しみつつ読んでもらえたらと思ってます。

 

前回までのお話はこちら↓↓↓

tententomokomoko.hatenablog.com

 

*先週から読み込みスピードUPのため、1~9までのお話は連載記事「黒歴史」サイトにまとめました。「読みにくい!」とか、ご意見ご要望があればコメントください。前のスタイルに戻します。

 

ではでは、今日も最後までよろしくお願いします。

 

 

1 前回のまとめ

栄養失調で意識がなくなった→

救急搬送→今日のお話

 

2 ICU

もう体は冷たくなっていて意識が戻らず

救急車で近くの病院へ運ばれた。

気がついたらICUという場所にいた。

身体中に計測機がついていて

点滴もぶら下がっていた。

起きようとしても声を出そうとしても

ヘナヘナと声が出なかった。

もう生きるのは嫌だと思っていたのに

こんな処置してもらって生き延びたくない 

どうする術もなくメソメソ泣いてたら、家族や親戚がやってきた。

 

 

「死にたい」

「死なせて」 

 

続きを読む

2021/1/14 ネコ式コタツムリ

おはようございます。

 

朝ストーブつけないでいると

いそいそと隣室のベッドに潜り込むtenten。

f:id:tententomokomoko:20210114065628j:plain

尻尾、出てるよ by mokomoko

。。。

 

 

 

 

 

f:id:tententomokomoko:20210114065847j:plain

入ってます by tenten

ベッドと一体化して別の生き物に見える。。。

 

 

 

f:id:tententomokomoko:20210114070044j:plain

足が出てきた by mokomoko

数時間後。

お、足が出てきた!

 

 

 

 

 

f:id:tententomokomoko:20210114070143j:plain

寝起きドッキリ by tenten

はいはい。

ストーブつけますよ〜。

2021/1/13 我が家の冬の光景

  1. 石油ストーブ
  2. ストーブの上でシュンシュンと音を立てる薬缶
  3. ストーブの真ん前から離れない猫
  4. それを眺めるニンゲン

 

f:id:tententomokomoko:20210113074330j:plain

シュンシュン、シュンシュン、シュンシュン、

ポジション確保! by tenten

 

 

ツンツンしてみた↓

 

f:id:tententomokomoko:20210113074430j:plain

にゃ〜に? by tenten



一応振り向いてくれた。

気だるそうな眼差しで、笑。

 

tentenもmokomokoも炎があるとじっと見入ってしまうんだよね。

 

 

今日も読んでくれてありがとうにゃん。自由にコメント、フォロー待ってるにゃ。

ポチっと応援よろしくにゃ~↓↓↓

にほんブログ村 猫ブログへ